消費者金融って金利が高いの?

消費者金融の金利が高いというのは、もう一昔前の話といっていいでしょう。グレーゾーン金利が撤廃されてから、各消費者金融では金利をどんどん下げています。借り入れ額に応じた最も低い金利では、4.5%となっているところもあります。

 

今借り入れ先として人気が高い、銀行のカードローンですが多くの場合保証会社が保証することで借り入れできるようになっています。この保証会社は、たいてい消費者金融あるいは信販会社ということになっています。そういったカードローンですと、消費者金融自体のローン商品とそれほど金利の面で差があるわけではありません。

 

消費者金融が高金利とはいえないようになっているのは事実ですが、中には違法な業者もあります。貸金業法が改正されて以降、違法な業者だけでなく大手、中小いずれの消費者金融も経営が難しくなっています。大手では金利を下げたりATMを充実させたり、といった対策をとってより多くの利用者を獲得しようと努力していますが、明らかに高い金利の業者が全くなくなってしまったわけではありません。

 

明らかにヤミ金業者ですと分かるところは減ったかわりに、むしろ巧妙な手口で大手消費者金融の名前やDMを使って貸し付けをしようとする犯罪が後を絶ちません。急いでお金が必要というときにも、確認する手間を省いてはいけません。こういった犯罪に巻き込まれてしまうのは、たいていDMなどを見ておかしいなと感じたにもかかわらずお金が急いで必要だからと、確認せずに借り入れたというケースがほとんどなのです。

消費者金融の営業時間は利用者に便利

消費者金融の営業時間は、自分がどういったサービスを利用したいのかによってチェックするところが変わってきます。例えば、申し込みはインターネットを利用すれば、ほぼ24時間可能になっているところが多いでしょう。店舗に行って申し込みをするのなら、店舗の営業時間をチェックしておきましょう。多くの消費者金融では、店舗によって営業時間がまちまちになっている場合があります。

 

さらに自動契約機を利用して申し込むのであれば、店舗よりも営業時間が長くなっているケースが多くなっています。お仕事帰りでも、21時や21時30分までなど立ち寄りやすい時間帯まで営業しています。

 

借り入れで利用したい場合も同様に、店舗で借り入れするのか(中には店舗では借り入れできない消費者金融もあります)、店舗併設のATMを利用するのか、コンビニなどを利用するのか、振込キャッシングを利用するのかによってその時間帯はそれぞれ違ってきます。ATMですと、システムメンテナンスの時間が必ずありますので、その点も注意が必要です。

 

自分が最もよく利用しそうな方法が、自分が行きやすいような時間帯に利用可能かどうかということが使いやすい、ということになるでしょう。消費者金融は申し込み、借り入れ、返済などがそれぞれ多くの方法を利用することができ利便性が高いのが大きな特徴となっています。それをしっかり活用するためにも、営業時間を確認しておくことは忘れないようにしましょう。

コンビニを活用してキャッシング方法をより多彩に

コンビニを最大限に活用してキャッシングをしている方は多いですよね。どこにでもあること、メンテナンスの時間さえ除けばほぼ24時間利用可能なことなど、コンビニを利用する便利な理由はたくさんあります。

 

ただ、コンビニを利用する大きな理由として誰にもキャッシングしていることが分からない、ということを挙げる人が実は多いのではないでしょうか。キャッシングを利用している人は増加の一方をたどっていますが、なかなか気軽に友人に「キャッシングしているよ。」と宣言することは難しいものです。

 

キャッシングをするということ=お金の管理ができていない、なんていう考え方はまだまだあるものですが、本当はキャッシングは上手なマネープランの一環として利用できるものなのです。逆にお金の計画を上手に立てられるからこそキャッシングが使いこなせる、という部分は大きいのではないでしょうか。

 

実際自分の銀行口座の不足を少し補ったり、買いたいものをタイミングを逃さずに買ったり、といったようにお金の上手な使い方をキャッシングで補うことはとても有効かつ実質的な方法なのです。

 

とはいっても、やはり「今からキャッシングしてくる。」ということを友人に言いにくいというときには、コンビニのATMを利用するのなら特に気にする必要はありませんよね。銀行口座から引き出しているのか、キャッシングしているのかは、実際に引き出してカードを持っているところをのぞき込まない限りは分かりません。


このページの先頭へ戻る